勉強会のカテゴリ記事一覧

鎌倉整体スクール、協会の活動やワンポイントレッスンなど。

カテゴリ:勉強会

勉強会のカテゴリ記事一覧。鎌倉整体スクール、協会の活動やワンポイントレッスンなど。
EXキープだけが脳じゃない。頭蓋骨テクニック

2017-11-14 勉強会
こんにちは、代表の遠藤です。先日のワンランクUP勉強会、私のリアルな、しかも新規の患者さんの施術を見学していただきました。症状は頭痛の青年でした。見学した会員さ…

記事を読む

内臓の触り方は強さに気をつける。マニプレーション・ベーシック

2017-08-14 勉強会
こんにちは、代表の遠藤です。昨日は、役員会とワンランクアップ勉強会でした。オステオパシーの内臓マニプレーションを元に、内臓のベーシックフローを考案・作成しまし…

記事を読む

坐骨神経痛、書痙、視力について講義しました。

2017-07-06 勉強会
昨日の水曜日は、ワンランクアップ勉強会でした。いつもどおり、最初の1時間くらいは質疑応答でした。坐骨神経痛の症状、私たちのブロックテクニックにおいてSOTO(ステ…

記事を読む

EXキープだけが脳じゃない。頭蓋骨テクニック

  •  投稿日:2017-11-14
  •  カテゴリ:勉強会
IMG_4497.JPG
こんにちは、代表の遠藤です。

先日のワンランクUP勉強会、私のリアルな、しかも新規の患者さんの施術を見学していただきました。

症状は頭痛の青年でした。

見学した会員さんは、新規の患者さんということもあって私のトークに関心を持たれたようです。

ブログやHPには一切書きませんが、ちょっとしたコツや気をつける点を後でコソっとお教えしました。

ちゃんとコミュニケーションで信頼を得ることは大事です。

小手先のトーク術ではもちろんアウトです。ボロが出ますから、後でフォローすることに力を注がなくてはいけないことになります。

そんなことより、明朗活発で信頼できる人になることを目指しましょう。

自分という人間をしっかりと信頼される人間に向上させていくことが、まずは王道でしょう。

そんな精神論も、鎌倉整体スクールでは重んじています。

頭痛の患者さんの施術見学のついでに、自律神経や頭蓋骨テクニックの考察をしました。
IMG_4508.JPG

自律神経系の疾患、EXキープだけが脳じゃないですよ。(と、思います)

鎌倉整体スクール・健康増進クレニオセラピー協会のHPはこちら

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

代表兼 鎌倉整体スクール主宰:遠藤
西鎌倉カイロプラクティックセンター(神奈川県鎌倉市)
副理事長:京元先生
京之助カイロ整体院(埼玉県さいたま市)
理事:八木先生
こやぎカイロ整体院(神奈川県相模原市)
理事:谷口先生
ガハハカイロプラクティック整体院(埼玉県川越市)

内臓の触り方は強さに気をつける。マニプレーション・ベーシック

  •  投稿日:2017-08-14
  •  カテゴリ:勉強会
MAH00135(2).jpg

こんにちは、代表の遠藤です。

昨日は、役員会とワンランクアップ勉強会でした。

オステオパシーの内臓マニプレーションを元に、内臓のベーシックフローを考案・作成しました。

まあ、決まった手順での内臓操作を覚え実践することで、内臓そのものをしっかり感じて、場所などを覚えられるというすぐれた操作法です。

昔私が教えていたのとは違って、新しいこれは、ちゃんと臓器を確認しながら一つ一つごとに行います。

もちろん、この基本操作だけで、内臓の各臓器にいい影響を与えるすぐれた手技でもあります。

役員ふたりの感想は、「お腹が楽になる。」「腰痛も取れそう。」という感じでした。

内臓特に消化器官は、食道から直腸までの1本のくだという概念だけでなく、途中途中で各種分泌系もあり、代謝系もあります。

また、それぞれの臓器は腹膜などで複雑に引っ張り合ったりしています。

噴門や回盲弁など、そもそも硬い部分もありますので大雑把に圧を加えれば良いというものではありません。

つまり、内臓へのアプローチは解剖学的に生理学的に根拠をしっかりもたないと、かえって内蔵に負担をかけてしまいかねないのです。
私の考案した各臓器のへのアプローチの仕方は、順番にもその方向にも、触り方にも根拠があります。

みぞおちのすぐ下にある腹腔神経叢(いわゆる太陽神経叢)などにもアプローチしますが、臓器に負担をかけないように、筋膜リリース的にゆっくりと無理なくアプローチしていくのです。

さあ、術者ももちろん、患者にも無理に負担をかけることのない内臓マニプレーションベーシック、鎌倉整体スクール本科または、ワンランクUP勉強会でお教えしています。

ご興味のある方は、どうぞ、お気軽にお問い合わせください。



鎌倉整体スクール・健康増進クレニオセラピー協会のHPはこちら

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

代表兼 鎌倉整体スクール主宰:遠藤
西鎌倉カイロプラクティックセンター(神奈川県鎌倉市)
副理事長:京元先生
京之助カイロ整体院(埼玉県さいたま市)
理事:八木先生
こやぎカイロ整体院(神奈川県相模原市)
理事:谷口先生
ガハハカイロプラクティック整体院(埼玉県川越市)

 カテゴリ
 タグ

坐骨神経痛、書痙、視力について講義しました。

  •  投稿日:2017-07-06
  •  カテゴリ:勉強会
20170705155401(4).jpg
昨日の水曜日は、ワンランクアップ勉強会でした。

いつもどおり、最初の1時間くらいは質疑応答でした。

坐骨神経痛の症状、私たちのブロックテクニックにおいてSOTO(ステップアウトターンアウト)を行うかどうかの単純かつ簡単な指標が、確立されつつあります。

神経痛があるからといって、ただSOTOやればいいかというと、実はそうでもないのです。

その目的・原理を考えれば、なるほど納得ですがね。

その他、書痙、視力について、私の考察を述べました。

それを踏まえて、頭蓋骨セラピーの改善されたテクニックも披露しました。

本当に、私どもの役員や会員さんの患者さん、レベルが高いです。難しい患者さんが来られますね。

素晴らしいことです。

鎌倉整体スクール・健康増進クレニオセラピー協会のHPはこちら


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

代表兼 鎌倉整体スクール主宰:遠藤
西鎌倉カイロプラクティックセンター(神奈川県鎌倉市)
副理事長:京元先生
京之助カイロ整体院(埼玉県さいたま市)
理事:八木先生
こやぎカイロ整体院(神奈川県相模原市)
理事:谷口先生
ガハハカイロプラクティック整体院(埼玉県川越市)
Copyright © 鎌倉整体スクールby健康増進クレニオセラピー協会のブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます