内臓を触るときは順序に気をつける(1).jpg

こんにちは、代表の遠藤です。

11月の初めに京都を旅したんですよ。

2泊3日で、そこそこ周ってきました。

晴明神社や伏見神社などの神社系も行きましたし、嵯峨野嵐山でトロッコ電車にも乗りました。

宿泊は、そこそこな新都ホテルに泊まったんです。

そこにバーがあったんですよ。

2日目の夜、夕食後にバーに行ってカウンターに座ったんです。

旅行に来たと話すと、いろいろ教えてくれました。

実は翌日は雨の予報が出ていて、博物館とか京都タワーとか室内系にしようかと計画していたんです。

ところがバーテンの一言、「雨の祇園、舞妓さんが和傘をさして歩いてる風景もいいものですよ。」

私は、『なるほど!!それはいいな』

というわけで祇園に行くことにしたんです。

幸いなことに雨はほとんど降りませんでしたが、むしろ暑かったです。

そんなアドバイスも頂いたり、もう忘れましたが(酔っ払っていたため)ウンチクも教えてくれました。

私も、スクールで教えているので分かりますが、話すと忘れないんですよ。

放っておいたら忘れそうなことでも、話すとまた自分の口から頭に再インプットされるんですね。

そのバーテンは、忘れないために話したのではないでしょうが、観光客にお話することでその記憶は自身の頭に永遠に残るわけです。

アウトプットは、最高のインプットと言えるかもしれませんね。

いま私は整体スクールで、生徒に対していろいろ講義をしています。

生徒たちは、もちろん学ぶために私の話を聞くのですが、自分がいつか教えるつもりで聞いて欲しいと思っています。

教えるつもりで聞く、すなわち頭の中で自分なりに要約したりアクセントをつけたりしつつ、説明をするのです。

これは、一種のイメージトレーニングですね。

忘れることを防ぐ、いい方法だと思います。

ぜひ、実践をしてみてください。



超実践派・鎌倉整体スクールby健康増進クレニオセラピー協会のHPはこちら

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

代表兼 鎌倉整体スクール主宰:遠藤
西鎌倉カイロプラクティックセンター(神奈川県鎌倉市)
副理事長:京元先生
京之助カイロ整体院(埼玉県さいたま市)
理事:八木先生
こやぎカイロ整体院(神奈川県相模原市)
理事:谷口先生
ガハハカイロプラクティック整体院(埼玉県川越市)
 カテゴリ
 タグ