IMG_4704.JPG
こんにちは、代表の遠藤です。

鎌倉整体スクールでは、様々なテクニック施術法をお教えしていますが、実践つまりリアルな患者様ではその通りにいかないケースがあります。

私たちが主たるテクニックとしているのは、SOTをもとにしたクラニアルブロックという勝手に命名したテクニックですが、その効果を高めるために骨盤周辺の筋肉の可動性をあらかじめ向上させたりしています。

さて、股関節周辺の筋肉を和らげるために下肢の回転を行う動作において、患者様がソケイ部に痛みを感じたとします。

ありえるケースですね。私も何人も経験していますし、何人かの元教え子の先生方から電話で質問が来たこともあります。

さあ、そけい部が痛いと言われました! そんな時、どうしますか?

痛いと患者様が言うので、その動作はやらない? 

という選択肢もないわけではありませんが、そこは異常箇所という認識で改善しておいた方がよいですよね。(ケガや手術など器質的な問題でない限り)

で、どのように改善するか? 

内容はここでは明かしませんが、その改善方法をしっかりとお教えした次第です。

テクニックを教えることは誰にでもできます。

しかし、教わる方は「これがもしできなかったら・・・、痛いと言われたら・・・」

実際にそのケースにぶち当たらないと、質問すらできないものです。

教える方も、そのケースにぶち当たったことがないと、教えることはできませんね。

たくさんの経験、困難をぶち破った経験、失敗した経験も治した経験が、私たちの鎌倉整体スクールの授業やワンランクUP勉強会には生かされています。

さあ、この事例は生徒が奥様に施術をした際にぶち当たった問題でした。

その後は、上手く出来ましたでしょうかね?


鎌倉整体スクール・健康増進クレニオセラピー協会のHPはこちら

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

代表兼 鎌倉整体スクール主宰:遠藤
西鎌倉カイロプラクティックセンター(神奈川県鎌倉市)
副理事長:京元先生
京之助カイロ整体院(埼玉県さいたま市)
理事:八木先生
こやぎカイロ整体院(神奈川県相模原市)
理事:谷口先生
ガハハカイロプラクティック整体院(埼玉県川越市)