IMG_4705.JPG
こんにちは、代表の遠藤です。

私たちのワンランクUP勉強会では、より効率よく患者様の症状を改善させるための検証実験も行います。

以前に蝶形骨でSB+を改善させるという実験を行いましたが、今回もその続きを行いました。

会員の整体師から他にもできないか?という質問を受けたことが始まりで、頭頂骨や側頭骨でも行いました。

いわゆる屈曲キープで行いますが、側頭骨は動きが複雑なのでちゃんと理解していないと難しいですよ。

実験の結果は、「改善される。」でした。

でもって、さっそく臨床で活用した副理事長の京元先生から報告が上がりました。

過眠の患者様(検査したらSB+)に、そのSB+を改善すべく施術を行ったところ、バッチリ効いたとのことでした。

=解説=
過眠は副交感神経が優位になりすぎている状態です。つまり屈曲(交感神経の機能と関わりあり)が十分に機能していないので、SOT的にはSB+と名付けられます。

以前まで私が教えてきた頭蓋骨テクニックと比べると、この協会を立ち上げてからは雲泥の差と言えるほど深い勉強をしています。

これでさらに一歩、患者様の健康と幸せに貢献できます。

鎌倉整体スクール・健康増進クレニオセラピー協会のHPはこちら

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

代表兼 鎌倉整体スクール主宰:遠藤
西鎌倉カイロプラクティックセンター(神奈川県鎌倉市)
副理事長:京元先生
京之助カイロ整体院(埼玉県さいたま市)
理事:八木先生
こやぎカイロ整体院(神奈川県相模原市)
理事:谷口先生
ガハハカイロプラクティック整体院(埼玉県川越市)
 カテゴリ
 タグ