MAH00135(2).jpg

こんにちは、代表の遠藤です。

昨日は、役員会とワンランクアップ勉強会でした。

オステオパシーの内臓マニプレーションを元に、内臓のベーシックフローを考案・作成しました。

まあ、決まった手順での内臓操作を覚え実践することで、内臓そのものをしっかり感じて、場所などを覚えられるというすぐれた操作法です。

昔私が教えていたのとは違って、新しいこれは、ちゃんと臓器を確認しながら一つ一つごとに行います。

もちろん、この基本操作だけで、内臓の各臓器にいい影響を与えるすぐれた手技でもあります。

役員ふたりの感想は、「お腹が楽になる。」「腰痛も取れそう。」という感じでした。

内臓特に消化器官は、食道から直腸までの1本のくだという概念だけでなく、途中途中で各種分泌系もあり、代謝系もあります。

また、それぞれの臓器は腹膜などで複雑に引っ張り合ったりしています。

噴門や回盲弁など、そもそも硬い部分もありますので大雑把に圧を加えれば良いというものではありません。

つまり、内臓へのアプローチは解剖学的に生理学的に根拠をしっかりもたないと、かえって内蔵に負担をかけてしまいかねないのです。
私の考案した各臓器のへのアプローチの仕方は、順番にもその方向にも、触り方にも根拠があります。

みぞおちのすぐ下にある腹腔神経叢(いわゆる太陽神経叢)などにもアプローチしますが、臓器に負担をかけないように、筋膜リリース的にゆっくりと無理なくアプローチしていくのです。

さあ、術者ももちろん、患者にも無理に負担をかけることのない内臓マニプレーションベーシック、鎌倉整体スクール本科または、ワンランクUP勉強会でお教えしています。

ご興味のある方は、どうぞ、お気軽にお問い合わせください。



鎌倉整体スクール・健康増進クレニオセラピー協会のHPはこちら

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

代表兼 鎌倉整体スクール主宰:遠藤
西鎌倉カイロプラクティックセンター(神奈川県鎌倉市)
副理事長:京元先生
京之助カイロ整体院(埼玉県さいたま市)
理事:八木先生
こやぎカイロ整体院(神奈川県相模原市)
理事:谷口先生
ガハハカイロプラクティック整体院(埼玉県川越市)

 カテゴリ
 タグ