16143310_963541627079742_8291089786092230933_n.jpg
昨日は、当協会の勉強会を開催しました。

昨日の質疑応答をいくつか紹介します。

統合失調は遺伝するか?

こういった症状は、遺伝因子もあることはあります。

問題は発症する環境にいれば発症しやすいし、発症しにくい環境にいれば発症しにくいということです。

それと私たちがそういった患者様にできることは、私はそれをこう表現しています。

「許容範囲を拡げる。」

施術で自律神経のバランスや神経伝達機能を回復することで、同じ環境下での比較において発症しにくくすることが可能です。

あと、偶然か必然か?たまたま、当協会役員のT先生が急性の腰痛になりました。

なんでこういうことになったのか?

もともと骨盤の異常はありましたが、これも発症しやすい体の状態になれば発症するのです。

私はこう表現してます。

「体のパワーレベルが下がっている。」

そう、T先生も疲れがたまってパワーレベルが低下したことで、弱点である腰が悲鳴を上げたということです。

施術と休養でパワーレバルが上がったらしく、無事に回復はしたようです。

今回も約5時間に及ぶ勉強会、私自身も大変有意義に過ごさせていただきました。

鎌倉整体スクール・健康増進クレニオセラピー協会のHPはこちら


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

代表兼 鎌倉整体スクール主宰:遠藤
西鎌倉カイロプラクティックセンター(神奈川県鎌倉市)
副理事長:京元先生
京之助カイロ整体院(埼玉県さいたま市)
理事:八木先生
こやぎカイロ整体院(神奈川県相模原市)
理事:谷口先生
ガハハカイロプラクティック整体院(埼玉県川越市)