2017年01月の記事一覧

協会の活動、クレニオ整体スクールの活動や生徒の感想です。

月別アーカイブ:2017年01月

2017年01月の記事一覧。協会の活動、クレニオ整体スクールの活動や生徒の感想です。
側湾症

2017-01-27 臨床事例
代表の遠藤です。協会でいろいろ研究や検証を行っていると、私自身も勉強になることが多いです。役員の皆さんからは、この協会が発足してから私に教わったことに、『目か…

記事を読む

合理性的なテクニック

2017-01-20 協会の活動
代表の遠藤です。寒いですね〜。今日は関東平野部でも雪が降るらしいですね。風邪などに気をつけましょう。私はいたって元気ですがね。さて、協会の話です。会員の方にお…

記事を読む

勉強会で出た質問

2017-01-10 勉強会
代表の遠藤です。1月8日(日)本年第1回目のワンランクアップ勉強会を開催しました。その前に役員会では、まだTOPシークレットのテクニックの検証を行いました。私ど…

記事を読む

側湾症

代表の遠藤です。

協会でいろいろ研究や検証を行っていると、私自身も勉強になることが多いです。

役員の皆さんからは、この協会が発足してから私に教わったことに、『目からウロコです!』と、言われますが、私自身も新たな発見があるのも事実です。

さて、今日は症例です。

中学生の男子、側湾症との診断を受け、お母さんとともにその改善に向けてスタートしました。

ちなみにお母さんも、お父さんも、私の患者様です。

で、今日の施術での変化の様子です。

左がビフォー、右がアフター。
29.1.27Ken.I.jpg

肩の高さが揃ったり、肩甲骨がほぼ左右対称になるという変化が見られました。

分かりにくいですが、背骨はまだカーブしています。

側湾症は、早くに取り組むのがいいです。特に成長期ですし、身長が伸びているなら尚の事良いと思います。

過去にも、コルセットをはめるほどの側湾症だった中学生が、克服し、運動パフォーマンスもUPし、今は大学生になって元気ハツラツになっています。

当協会で行うブロックテクニックでは、仙腸関節を治すCAT2のケースもありますが、それでもオリジナルのプレ・ブロックで、背骨の負荷・ストレス解消効果をUPさせ、側湾症の改善スピードを向上させます。

まだ秘密ですが、坐骨神経痛テクニックに変化があるかもしれません。従来のやり方から変えるかもしれません。
16143310_963541627079742_8291089786092230933_n.jpg
私たちの協会は、ブロックテクニックのその効果を最大限に発揮すべく、日々研究や検証を行っています。


健康増進クレニオセラピー協会のHPはこちら


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

代表:遠藤
西鎌倉カイロプラクティックセンター(神奈川県鎌倉市)
副理事長:京元先生
京之助カイロ整体院(埼玉県さいたま市)
理事:八木先生
こやぎカイロ整体院(神奈川県相模原市)
理事:谷口先生
ガハハカイロプラクティック整体院(埼玉県川越市)

合理性的なテクニック

代表の遠藤です。

寒いですね〜。今日は関東平野部でも雪が降るらしいですね。風邪などに気をつけましょう。

私はいたって元気ですがね。

さて、協会の話です。

会員の方にお教えするにあたり、協会内での検証や役員それぞれの修練も大事です。
15977591_963541647079740_4911048093845752250_n.jpg
先日は、ブロックテクニックのCAT1,2,3それぞれにおけるプレブロックとオンブロックを正式に公表しました。

元々はSOTですが、より合理的にしています。

いくつかのテクニック・方法を知っていてよかった〜と、思う瞬間であります。

目的が分かれば、そのための最も合理的かつ効果的な手法を使えばいいのです。

必ずしも1〜10までSOTにこだわる必要はないのです。

たとえば、CAT1のベーシック1、あれの意味わかりますよね?

だったら、〇〇やった方がよっぽど合理的です。

クレスト・ダラー矯正も、本当の意味もよく分からず、しかもやっても効いているのかどうか甚だ疑問だから、やってないという先生も多いと思うのです。

クレスト・ダラーの意味が分かれば、きっと誰でも納得するしやりたくなります。

そして、「どうせやるならこんなやり方がイイね!」と、誰でも納得する方法を当協会で編み出しました。

その他諸々、どうせ股関節を回旋するなら〇〇にやっておいた方がイイよね!しかも間違うと余計厄介なことになるからね。などなど・・・
16002973_963541717079733_2223015645275917439_n.jpg
まだまだ出現してくるでしょう。

無限の想像力と創造力、向上心が当協会の強みです。

健康増進クレニオセラピー協会のHPはこちら


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

代表:遠藤
西鎌倉カイロプラクティックセンター(神奈川県鎌倉市)

副理事長:京元先生
京之助カイロ整体院(埼玉県さいたま市)

理事:八木先生
こやぎカイロ整体院(神奈川県相模原市)

理事:谷口先生
ガハハカイロプラクティック整体院(埼玉県川越市)

勉強会で出た質問

  •  投稿日:2017-01-10
  •  カテゴリ:勉強会
代表の遠藤です。

1月8日(日)本年第1回目のワンランクアップ勉強会を開催しました。

その前に役員会では、まだTOPシークレットのテクニックの検証を行いました。
15940891_956318571135381_2432257113357929731_n.jpg

私どものブロックテクニックはSOT(仙骨後頭骨テクニック)が発祥ですが、他のテクニックや理論との融合により、より合理的なフローを作り上げることができています。

頭蓋骨セラピー(クレニオセラピー)や整体法との融合により、シナジー効果が期待できるということで『クラニアルブロック』と命名しています。

今回は会員の先生から、レベルの高い質問があったんです。

そのうち1つは、ブロックのCAT3の意味と効果です。

CAT3ブロックの意味を教えたら、「狭窄症やヘルニア、分離すべり症は治るんですか?」という質問もでました。

そもそも、医者の診断って???

という私の体験談なども交えてお話しました。

私は医者が、それも2件の病院で見抜かなかった(見抜けないのではなく見抜かなかった)、脊柱の骨折を見抜いたこともあります。

ある患者さんが腰痛だと言って来られました。

施術を開始しましたが、『おかしい!』とピンときたので、施術は一瞬で中止して、病院に行ってもらったのです。

1件目でレントゲンも撮りましたが、異常なしと診断されました。

私はそれでも「それは、おかしい!」と言って、もう別の病院に行くように言いました。

2件目では、筋肉の問題だと言われ帰されました。

私はそれでも「それも、おかしい!」といって、また別の病院に行くように言いました。

3件目で、患者さんの脊椎骨折が判明しました。

「ね、言ったでしょう!」

という感じでした。

施術を進めるかどうかは、最終的には施術者の判断です。

という話をしました。

もっとも、妥当な判断ができるためには、99.9%の精度が必要だと思います。

私どもの協会で教わればすぐに、99.9%の制度になるでしょう。

ブロックは、今、SOTができる人でも、必ずワンランクUPするでしょう。

オリジナルの「プレブロック」と「オンブロック」は、患者さんが望む成果をワンランクUPさせます。

ビールと発泡酒ほどの違いがあります。

健康増進クレニオセラピー協会のHPはこちら


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

代表:遠藤
西鎌倉カイロプラクティックセンター(神奈川県鎌倉市)

副理事長:京元先生
京之助カイロ整体院(埼玉県さいたま市)

理事:八木先生
こやぎカイロ整体院(神奈川県相模原市)

理事:谷口先生
ガハハカイロプラクティック整体院(埼玉県川越市)
Copyright © 健康増進クレニオセラピー協会のブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます